2017/11/29 12月の珈琲「 グアテマラ アロテペケ農園 」を更新しました。
2017/10/31 11月の珈琲「 ニカラグァ エル・シエロ農園 」を更新しました。
2017/9/27 10月の珈琲「 エルサルバドル ミレイディ農園 」を更新しました。
2017/8/31 9月の珈琲「 コロンビア ロス・ノガレス 」を更新しました。
2017/7/27 8月の珈琲「 イエメン バニー・マタル 」を更新しました。
2017/6/28 7月の珈琲「 インドネシア スンダ・ヘイジョ 」を更新しました。
2017/5/31 6月の珈琲「 ブラジル シッチョ セルハ 」を更新しました。
2017/4/27 5月の珈琲「 ブラジル バイシャフンダ 」を更新しました。
2017/3/31 4月の珈琲「 エル・サルバドル セロ ネグロ 」を更新しました。
2017/2/28 3月の珈琲「 ホンジュラス エル・フィロ 」を更新しました。
2017/1/31 2月の珈琲「 グァテマラ エスキプラス 」を更新しました。
2016/12/28 1月の珈琲「 ラ ピコナ 」を更新しました。
2016/12/1 12月の珈琲「 ラ カフエジャ 」を更新しました。
2016/10/31 11月の珈琲「 ドミニカ ドン・フランシスコ 」を更新しました。
2016/9/30 10月の珈琲「 ボリビア アリアス 」を更新しました。
2016/8/31 9月の珈琲「 ホンジュラス エル ボスケ農園 」を更新しました。
2016/7/29 8月の珈琲「 ブラジル アシス 」を更新しました。
2016/6/30 7月の珈琲「 ブラジル カケンジ農園 」を更新しました。
2016/5/31 6月の珈琲「 ルワンダ ムササ農協 」を更新しました。
2016/4/30 5月の珈琲「 ブルンジ キビンゴ 」を更新しました。
2016/3/31 4月の珈琲「 メキシコ シニタチ ネグロ 」を更新しました。
2016/2/29 3月の珈琲「 グァテマラ エル・ベルヘル 」を更新しました。
2016/1/30 2月の珈琲「 ニカラグア エルマンゴ農園 」を更新しました。
2015/12/29 1月の珈琲「 コスタリカ エル アルコン 」を更新しました。
2015/11/26 12月の珈琲「 ホンジュラス ヌエバビシオン 」を更新しました。
2015/10/28 11月の珈琲「 エルサルバドル ロスアペニノス 」を更新しました。
2015/9/30 10月の珈琲「 コロンビア ブエナビスタ農園 」を更新しました。
2015/8/27 9月の珈琲「 カンデリージャ サンティアゴ農園 」を更新しました。
2015/7/31 8月の珈琲「 ジャマイカ 」を更新しました。
2015/6/30 7月の珈琲「 ブラジル シッチオ ダ ポンテ 」を更新しました。
2015/5/29 6月の珈琲「 ブラジル ペデュラ ド シノ 」を更新しました。
2015/4/30 5月の珈琲「 コロンビア サンセバスチャン 」を更新しました。
2015/4/21 期間限定「 スペシャル・マンデリン 」を特別価格で販売いたします。
2015/4/1 4月の珈琲「 ブルンジ ヤンダロ 」を更新しました。



蘭館珈琲をお試し下さい!!~試飲のお知らせ

まだ、一度も蘭館の珈琲を飲まれたことのない方へお知らせです。
ブレンドのセット(ご試飲)をお届けします。
当社自慢のベスト・CITY・フレンチをそれぞれ30gずつ(各コーヒーカップ約2杯分)をお送りします。
ぜひ蘭館の珈琲をお楽しみ下さい。

試飲をご希望の方は下記より下記のいずれかよりお申し込みください。

フリーダイヤル 0120-45-5071
E-Mail info@rankancoffee.co.jp

お名前、ご住所、お電話番号、メールアドレスをお知らせください。
なお、蘭館の珈琲を一度もご注文されていない方に限ります。
ご連絡をお待ちしています。

㈱蘭館 通信販売 担当 原

2017秋のスペシャルコーヒー販売のお知らせ

いつもご愛飲いただきありがとうございます。
珈琲の美味しい季節になりました。
下記の予定で3種類のスペシャルコーヒーを販売します。

11月6日より パナマ エスメラルダ ゲイシャ 200g 4680円
12月4日より ジャマイカ ブルーマウンテン 200g 4680円
 (価格は税込み価格です。)

ご予約も承ります。
フリーダイヤル 0120-45-5071
ファクシミリ 06-6222-0323
E-Mail info@rankancoffee.co.jp  にご連絡ください。

売り切れの節はご容赦くださいませ。

㈱蘭館 通信販売 担当 原









 グアテマラ
 アロテペケ農園
Guatemala COE 2017
エントリーは、例年よりやや少ない144ロット。このうち5月1日~5日にかけて行われた国内審査を39ロットが通過し、8日~11日に開催された国際審査会に進みました。インターナショナル・ステージでは、2ラウンドを経て28ロットがCOEウィナーとなり上位2ロットが90点以上のプレジデンシャルアワードに輝きました。オークションは、6月15日深夜に行われ、 例年通り、人気の高さが伺えるオークションとなりました。

アロテペケ農園
グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス3国の国境沿いに、アロテポケ農園のあるチキムラ県コンセプシオン・ラス・ミナスは位置しています。グアテマラでもコーヒーの生産においては、まだ歴史の浅いエリアになっており、カティモールやパカマラ品種が主な栽培品種になっています。この地でコーヒーの生産を始めたのは、17世紀中ごろ。アロテペケ農園のマリオ氏の曾祖父であるギジェルモ・ダルテ氏が、ヨーロッパから移住した際にコーヒーの生産を始めたと言われています。しかし、祖父であるルシアーノ氏の代で止む無くコーヒーの生産を1度は諦め、他の作物の生産に切り替えたと言います。年月が流れ1983年、ルシアーノさんの孫であるアロテペケ農園のオーナーであるマリオ氏は、伝統を復活させる決意をし、コーヒーの生産に再度挑戦しました。 アロテペケ農園は、彼が2000年に作った新しい農園で、彼が蓄えたコーヒーの知見を注ぎこむために、理想的なマイクロクライメットと土壌を有する農園として設立したそうです。また、この地では通常、ウェットパーチメントでの流通が伝統的に行われてきましたが、クオリティの向上に努めるために、アロテペケ農園にはウエットミルとドライミル双方の設備が整えられています。この地で異例ともいえるこの設備により、収穫から生産処理、乾燥、保管に至るまで全ての工程に対して、理想的で挑戦的なコーヒー生産を叶えています。

 グアテマラ アロテペケ農園 200g 1,600円  


コーヒーの豆知識

画像クリックで他の豆知識もどうぞ