2019/10/01 10月の珈琲「 ブラジル オウロヴェルデ農園 」を更新しました。
2019/8/30 9月の珈琲「 ブラジル フォルタレーザ 」を更新しました。
2019/7/31 8月の珈琲「 ペルー エル・セロ 」を更新しました。
2019/6/28 7月の珈琲「 コロンビア アルト・デ・ラ・コリナ 」を更新しました。
2019/5/30 6月の珈琲「 ブルンジ グウィリ ウォッシングステーション 」を更新しました。
2019/4/26 5月の珈琲「 ルワンダ ムゲヨ CWS 」を更新しました。
2019/3/27 4月の珈琲「 メキシコ サン・パブロ農園 」を更新しました。
2019/2/28 3月の珈琲「 コスタリカ ラス・ヌベス農園 」を更新しました。
2019/1/31 2月の珈琲「 グアテマラ ラ・モンタニタ農園 」を更新しました。
2018/12/28 1月の珈琲「 ホンジュラス エル・リンコン農園 」を更新しました。
2018/12/01 12月の珈琲「 ニカラグア ブエノスアイレス農園 」を更新しました。
2018/10/31 11月の珈琲「 エルサルバドル アツンパ農園 」を更新しました。
2018/9/28 10月の珈琲「 コロンビア ラ ボエミア農園 」を更新しました。
2018/9/03 9月の珈琲「 ドミニカ ドン・フランシスコ 」を更新しました。
2018/7/30 8月の珈琲「 ルワンダ シンビCWS 」を更新しました。
2018/6/29 7月の珈琲「 インドネシア スンダ・ヘイジョ 」を更新しました。
2018/5/30 6月の珈琲「 ブラジル オリベイラス 」を更新しました。
2018/4/28 5月の珈琲「 ブラジル プログレッソ 」を更新しました。
2018/3/29 4月の珈琲「 ブルンジ ムンカゼ 」を更新しました。
2018/3/1 3月の珈琲「 グアテマラ ブルボンシット 」を更新しました。
2018/1/31 2月の珈琲「 メキシコ エル・ボルド 」を更新しました。
2017/12/26 1月の珈琲「 ホンジュラス ロス・オコティージョス 」を更新しました。
2017/11/29 12月の珈琲「 グアテマラ アロテペケ農園 」を更新しました。
2017/10/31 11月の珈琲「 ニカラグァ エル・シエロ農園 」を更新しました。
2017/9/27 10月の珈琲「 エルサルバドル ミレイディ農園 」を更新しました。
2017/8/31 9月の珈琲「 コロンビア ロス・ノガレス 」を更新しました。
2017/7/27 8月の珈琲「 イエメン バニー・マタル 」を更新しました。
2017/6/28 7月の珈琲「 インドネシア スンダ・ヘイジョ 」を更新しました。
2017/5/31 6月の珈琲「 ブラジル シッチョ セルハ 」を更新しました。
2017/4/27 5月の珈琲「 ブラジル バイシャフンダ 」を更新しました。
2017/3/31 4月の珈琲「 エル・サルバドル セロ ネグロ 」を更新しました。



蘭館珈琲をお試し下さい!!~試飲のお知らせ

まだ、一度も蘭館の珈琲を飲まれたことのない方へお知らせです。
ブレンドのセット(ご試飲)をお届けします。
当社自慢のベスト・CITY・フレンチをそれぞれ30gずつ(各コーヒーカップ約2杯分)をお送りします。
ぜひ蘭館の珈琲をお楽しみ下さい。

試飲をご希望の方は下記より下記のいずれかよりお申し込みください。

フリーダイヤル 0120-45-5071
E-Mail info@rankancoffee.co.jp

お名前、ご住所、お電話番号、メールアドレスをお知らせください。
なお、蘭館の珈琲を一度もご注文されていない方に限ります。
ご連絡をお待ちしています。

㈱蘭館 通信販売 担当 原







 ブラジル
 オウロ ヴェルデ農園
カップ・オブ・エクセレンス
ブラジルコーヒーの最高峰を決める大会- Cup of Excellence。ブラジルでは毎年膨大な数の出品ロットからその最高年の最高品質のパルプドナチュラルが選出されます。今回の「Cup of Excellence 2018 - Brazil Pulped Naturals」でも、30ロットのコーヒーが入賞し、内90点以上の高得点(プレジデンシャル)が5ロットでました。

オウロ ヴェルデ農園
Ouro Verde農園は1980年代後半に現在の農園主であるCandido氏が父親のAntonio Rigno氏より譲り受けた農園です。ブラジル北東のBahia州Chapada Diamantina地方の町Piataにあるこの農園は標高約1300mに位置し昼夜の気温の寒暖差は大変大きく、日中では17℃まで気温が上昇し、夜は2℃にまで下がることがあります。Ouro Verde農園のオーナーであるCandido氏の大きな関心事は農園の環境保全を第一とした農園経営をすることです。農薬の使用方法に関する技術の研究や、環境保護を目的とした植林、更には日々の農園作業の中から排出された廃棄物の処理方法に至るまでより良い方法を模索しております。Candido氏はこのような環境保全を重視する手法が結果的にコーヒーの風味の面にも良い影響をもたらすと考えています。丁寧に時間をかけて土壌を耕し、苗付し、成長した木から出来たチェリーを収穫し、精製し、ゆっくりと乾燥させ、倉庫に保管する、以上の一つ一つ全ての工程はCandido氏にとってはとても大切な作業です。その結果、過去にブラジルCOEを3度受賞しています(2009年、2014年、2015年受賞)。コーヒーの収穫前から収穫後に至るまで心血を注ぐという情熱をCandido氏は父Antonio氏から受け継ぎOuro Verde農園は今日に至ります。

 ブラジル オウロ ヴェルデ農園 200g 1,600円  


コーヒーの豆知識

画像クリックで他の豆知識もどうぞ