2022/1/4 1月の珈琲「 ホンジュラス ヌエバ・ルス農園 」を更新しました。
2021/11/30 12月の珈琲「 パナマ エスメラルダ ゲイシャ1500 」を更新しました。
2021/10/29 11月の珈琲「 ケニア ギキリマ 」を更新しました。
2021/9/30 10月の珈琲「 コスタリカ ドン・オスカル農園 」を更新しました。
2021/8/30 9月の珈琲「 コロンビア ナリーニョ 」を更新しました。
2021/7/30 8月の珈琲「 ホンジュラス ラティナ農園 」を更新しました。
2021/6/30 7月の珈琲「 ブラジル アルタグラシア 」を更新しました。
2021/5/31 6月の珈琲「 コスタリカ オルティス2000 」を更新しました。
2021/4/28 5月の珈琲「 グァテマラ コンセプシオン ブエナビスタ 」を更新しました。
2021/3/27 4月の珈琲「 インドネシア マンデリン クラシックブルボン 」を更新しました。
2021/2/25 3月の珈琲「 コロンビア サントゥアリオ フルボン 」を更新しました。
2021/1/29 2月の珈琲「 ルワンダ シンビCWS 」を更新しました。
2020/12/30 1月の珈琲「 コスタリカ ケブラダ・グランデ農園 」を更新しました。
2020/11/30 12月の珈琲「 パナマ エスメラルダ農園 ゲイシャ 」を更新しました。
2020/10/28 11月の珈琲「 インドネシア リントン ビートル 」を更新しました。
2020/9/25 10月の珈琲「 ケニア カリィファクトリー 」を更新しました。
2020/8/27 9月の珈琲「 グァテマラ ゲイシャ 」を更新しました。
2020/7/31 8月の珈琲「 ブラジル シッチョ ラゴアⅡ 」を更新しました。
2020/6/30 7月の珈琲「 ペルー モンテ・レイ農園 」を更新しました。
2020/5/28 6月の珈琲「 ブルンジ ンゴゴモ 」を更新しました。
2020/4/28 5月の珈琲「 メキシコ エル・ボルド農園 」を更新しました。
2020/4/1 4月の珈琲「 グァテマラ サンタイレーネ農園 」を更新しました。
2020/2/28 3月の珈琲「 コスタリカ ドニャ・ニナ 」を更新しました。
2020/1/30 2月の珈琲「 ホンジュラス ミラ・ヴァジェ 」を更新しました。
2019/12/29 1月の珈琲「 エルサルバドル ラス・ヴェンタナス 」を更新しました。
2019/11/29 12月の珈琲「 コロンビア ブエナ・ビスタ 」を更新しました。
2019/11/1 11月の珈琲「 ジャマイカ 」を更新しました。
2019/10/01 10月の珈琲「 ブラジル オウロヴェルデ農園 」を更新しました。
2019/8/30 9月の珈琲「 ブラジル フォルタレーザ 」を更新しました。
2019/7/31 8月の珈琲「 ペルー エル・セロ 」を更新しました。
2019/6/28 7月の珈琲「 コロンビア アルト・デ・ラ・コリナ 」を更新しました。
2019/5/30 6月の珈琲「 ブルンジ グウィリ ウォッシングステーション 」を更新しました。
2019/4/26 5月の珈琲「 ルワンダ ムゲヨ CWS 」を更新しました。
2019/3/27 4月の珈琲「 メキシコ サン・パブロ農園 」を更新しました。
2019/2/28 3月の珈琲「 コスタリカ ラス・ヌベス農園 」を更新しました。
2019/1/31 2月の珈琲「 グアテマラ ラ・モンタニタ農園 」を更新しました。
2018/12/28 1月の珈琲「 ホンジュラス エル・リンコン農園 」を更新しました。





珈琲豆の値上げ

いつも蘭館の珈琲をご愛飲いただきありがとうございます。

2月より珈琲豆の値上げをさせていただきます.
200g1100円を200g1200円とさせていただきます。

いろいろな値上げの要素はありますが、この機会にもう一段上質に切り換えたいと思います。
今まで入荷していた生豆よりは上質です。
一時この豆が途切れていたのですが、元へ戻すことができました。
ベスト、CITY、フレンチ、アメリカン、コロンビア、サントス、マンデリン、
キリマンジャロが200g1200円になります。
(モカ、スペシャルマンデリン、カロシ、天使の珈琲は従来通りです。200g1400円)

どうぞこれからも蘭館の珈琲をよろしくお願いいたします。

㈱蘭館

蘭館珈琲をお試し下さい!!~試飲のお知らせ

まだ、一度も蘭館の珈琲を飲まれたことのない方へお知らせです。
ブレンドのセット(ご試飲)をお届けします。
当社自慢のベスト・CITY・フレンチをそれぞれ30gずつ(各コーヒーカップ約2杯分)をお送りします。
ぜひ蘭館の珈琲をお楽しみ下さい。

試飲をご希望の方は下記より下記のいずれかよりお申し込みください。

フリーダイヤル 0120-45-5071
E-Mail info@rankancoffee.co.jp

お名前、ご住所、お電話番号、メールアドレスをお知らせください。
なお、蘭館の珈琲を一度もご注文されていない方に限ります。
ご連絡をお待ちしています。

㈱蘭館 通信販売 担当 原







 ホンジュラス
 ヌエバ・ルス農園
A.C.E. National Winnerとは

 「ナショナルウィナー」(NW=National Winner)とは、カップ・オブ・エクセレンス(COE=Cup of Excellence)の国内予選を通過したものの最終国際審査では惜しくもCOEとして選ばれなかったコーヒーのことで、「ナショナルウィナー・オークション」を通じて各国のスペシャルティバイヤーに販売されます。当商品は2021年のCOE国内予選を通過したロットで、カップ・オブ・エクセレンスにはわずかに届かなかったものの、十分に素晴らしいスペシャルティコーヒーです。
(A.C.E=Alliance for Coffee Excellenceは、COEを主催している非営利の団体です。)

ホンジュラス ヌエバ・ルス農園 パライネマ

  エリー・アレクシス氏がオーナーをつとめるヌエバ・ルス農園は、エル・パライソ県はトロヘス市、ロス・ プラネス村の、標高1467mのところに位置します。
 エリー氏はコーヒー農家の三代目として家族の農園をまもっています。農園にはシェイドツリーを植えることで、より良い管理を行い、また環境に良い肥料を使用することにより水源に悪影響がないよう配慮しています。  農園のある土地の標高や、土壌、気候などが高品質なコーヒーの生産につながっていると考え、さらに収穫から発酵過程、保管に関わる全ての工程において衛生面に配慮しながら水洗のプロセスに力を入れています。
  「農園の存在や、絶えまぬ努力への情熱、スペシャルティコーヒーに身を捧げることなど、そのすべてが私の喜びにつながっています。カップ・オブ・エクセレンス(COE)は、私やほかの生産者に変化をもたらしてくれたと同時に、素晴らしい品質のコーヒーを生産することへのモチベーションにもなっています。COEへの参加の機会を頂くことができとても光栄です。私たちの未来や、子どもたちの世代へとつながるきっかけになります。」と、エリー氏は話します。

 
 ホンジュラス ヌエバ・ルス農園
 200g \1,600  


コーヒーの豆知識

画像クリックで他の豆知識もどうぞ